入門編 : 1. タスクを作る完了条件を決める

タスクを作るときは、一緒にそのタスクを完了とする条件もはっきり決めておくとよいでしょう。 作業内容さえ具体的になっていれば完了条件を決めることは難しいことではありませんし、作業内容がそのまま完了条件になることも多いでしょう。

完了条件は一つでも複数でも構いません。 例えば「ログイン画面のデザインを作成する」というタスクであれば、以下のような完了条件が考えられるでしょう。

ログイン画面のデザインの完了条件

そのタスク、本当に終わった?

完了条件を決めておくと、そのタスクが終わっているのかどうかが誰の目から見ても判断できます。 なので「終わったと思っていたタスクが実は終わっていなかった!」というような事態を避けられます。

完了条件を決めてきっちり終わらせるばい!