入門編 : 4. タスクを更新する更新するタイミング

タスクの見直しは後回しにすればするほど重くなっていく作業なので、タスクを常に新しく保つことは重要です。とはいえ、四六時中更新を気にかけるのはなかなか大変でしょう。更新のためにタスクを見直すタイミングについて、ある程度の指針を決めておくとやりやすくなるかもしれません。

問題が発生したとき

問題が発生したときは、タスクを見直すのにふさわしいタイミングです。問題が発生しているということは、タスクの設定にトラブルの原因がある可能性がありますし、問題に対処するためにタスクを更新する可能性が高いためです。

期限日を過ぎても終わらないタスクであれば、期限日を延ばしたり担当者を変える必要があるかもしれませんし、要求仕様が変更されたのであれば、作業内容を更新しなければなりません。

タスクを更新したとき

タスクを更新したときは、更新したタスクに関連するタスクを見直すいい機会です。担当者や期限日を変えたのであれば、そのタスクの担当者の他のタスクに影響が出る可能性が高いからです。

タスクを更新したとき

例えば、あるタスクの期限日だけを延ばして、担当者の他のタスクの期限日を見直さないでいれば、プロジェクト後半にいくに従ってタスクが積み重なってしまうでしょう。

気軽にタスクの見直しを

タスクの見直しはこまめにやっておけばそれほど重い作業ではありません。指針を決めて気軽に見直しをしていきましょう。

これで入門編は終わりばい!慣れてきたら実践編も読んでみるとよかよ!