実践編 : 便利なツールをつかう手軽にタスク更新できる

プロジェクト進行中は1日に何個ものタスクの状態が変化し、完了していないタスクも徐々に増えていきます。

ツールを使わずに、ホワイトボードや付箋でもタスクの管理はできますが、タスクが新しくできるたびに書いたり、貼ったり、移動したりという作業は、意外と手間がかかってしまいます。

ツールを利用することでタスクを手軽に操作できるようになり、こういった手間を減らすことができます。

会話中に挙がったタスクの追加も簡単

また、チャットやメールでのやりとりや、ミーティング中などで新しくタスクが必要になる場合にも、その場で新しくタスクを追加することが手軽にできます。タスクの漏れを少なくし、スピーディーに進めることができるでしょう。

Tips
更新頻度でわかる進行状況

手軽にタスクを更新することができれば、タスクの更新頻度も多くなり、メンバー同士のやりとりも活発になりやすいでしょう

そうすることで、メンバー対応状況が自然と把握できるようになり、スムーズな進行が期待できるでしょう。

手軽にできるからこそのやり方もあるばい!