実践編 : 周囲の人を巻き込む文字のコミュニケーション

チャットやメールなどの文字だけのコミュニケーションでは、どうしても固く冷たい印象を与えがちです。チームで使っているチャットで冷えた雰囲気が漂うと、想像以上に現場の雰囲気にも影響するもの。

文字でのコミュニケーションでは、顔を合わせる場合とはまた少し違う点に注意してみましょう。

絵文字を使ってみる

絵文字をつかっているようす

社外へのメールならともかく、チーム内での連絡は多少砕けるくらいが良いでしょう。どうしても固くなってしまうような時には、軽く絵文字を使ってみてください。 マネージャーが率先して空気を作っていくことで、メンバー間のコミュニケーションが円滑になる雰囲気を作っていきましょう。

伝えたいことはハッキリ書く

伝えたいことはハッキリ書く

対面なら表情や仕草でなんとなく伝わることでも、文字だけでは意外と伝わらないもの。伝わらないだけでなく、こちらの意図とは違う意味を読み取ってしまうこともよくあります。加えて文章は何度でも読み返せるため、相手の頭の中だけで誤解や疑いがもやもやと増幅してしまうことも。

そのような事態を避けるため、伝えたいことはハッキリと言葉にして書きましょう。

文章は会話とは別の工夫が必要ばい!